ロマンチストで悪いか

いろんなものを観たい。いろんな人の観ているものを見たい。

By

作品制作の相場とか適正価格って?いくらで頼む?

作品制作の依頼などを受ける際に「相場がわからない」と予算を申し訳なさそうにご提示頂くことが多いんだけど、誰かに何かを制作してもらう際にどのくらいの予算を組めばいいのかわからないという人は多いんじゃないでしょうか。

たとえば絵画の場合、大きさによって価格を決めやすいんだけど、その価格っていうのはやっぱり相場観が基準になっていて、それより極端に安いものは価値が低いとみられるし、極端に高いものは特別な理由がない限り相応でないということになる。その辺は受ける側の価格付けってことで今回は掘り下げないけど、作品の価値に対して時間がかかりすぎるものなんかは販売作品には向いてないというか、商業としての絵画制作ではやるべきじゃないかもしれない。作る側の人間も常にそれの価格を意識しながらモノづくりをするといいかもしれない。

では依頼する側の場合はどう考えたらいいんだろう?
僕が考えてみたところ3つの要素を合わせて予算を組む参考にしたらいいんじゃないかと思ったので、その3つの要素について書いてみます。

  1. 必要な制作期間

    まず、相場観というのは多分“自分の仕事とは畑が違うから”という理由で判断しにくいんだと思います。これ、たとえばアートや音楽なら特殊な職種に思えるかもしれないけど、頂いた報酬で生活するという面では他のどんな職種とも変わりません。つまり、この部分は貴方が自分の仕事で1日いくらの賃金なら納得できるかを基準に考えたらいいんじゃないかと思う。派遣をお願いした場合の1日の費用(派遣社員の受け取る報酬ではなく派遣会社に支払う金額ベース)も参考になるかもしれない。

    作家とのやりとりの中でおおよその制作日数がわかれば基本的な“作業費”が割り出せますね。

  2. 経費

    打ち合わせにかかる交通費などの出費は意外と負担になるものです。この部分も予算に組み込むことができれば作家とのいい関係も築きやすいし、打ち合わせも実りのあるものになりそうですね。

    そして当然材料費や機材費。制作するものによっては新たに工具などの機材を購入する必要もあったりするので、その減価償却分も多少考慮してもらえたりすると最高ですねー。

  3. 付加価値

    上記2項目は基本的な作業にかかる費用として、重要なのはこの付加価値の部分ですね。

    依頼物にどのくらいのクオリティを求めるのか、どんな価値を持たせたいのか、そういった部分が作家性であったり技術を必要とする部分だと思います。どういう付加価値を持たせたいのかを金額として考えておくことで、打ち合わせ時にもクオリティコントロールについて両者の合意を得やすいし、後々修正や手直しが必要になった際のトラブルも防ぎやすいです。
    付加価値を説明できることは作家に適度な緊張感と責任感を与え、何より自分の制作物の価値が評価されているという大きなモチベーションとなります。

    付加価値はなくてもいいやと思った方もいるかもしれないんだけど、そんなことないと思う。だって、自分(の会社)では出来ないから依頼するわけで、それは技術や作家性に価値を見出しているからにほかならない筈です。そして技術や作家性というものは時間やお金を始めとする多くをつぎ込んで、人知れず努力を積み重ねてきたからこそ得られるものです。だからこそ魅力や価値が感じられるんだと思いませんか?

必要な制作期間+経費+付加価値=予算

あれ?これって一般的な仕事の受発注と変わらないじゃない?
そうです、同じなんですよ。付加価値の項目で少し触れましたが、どんな業種であれ、自分にできないことそれ自体が価値なんです。そこの部分をしっかり算出できればもう次から「相場がわからないので」と恐縮せずに済むはず。


熟考したわけじゃないので穴や過不足があるかも知れないんだけど、概ねこんな感じに考えたら双方が納得できる金額を算出しやすいかなと思いました。

余談になるんだけど、発注側からは「できるだけ安くいいものをつくってもらいたい」という声を度々聞くんだけど、それは受注側も適正な価格で制作物を納める事ができれば一番いいと思ってます。でも“できるだけ安く”が常軌を逸している場合には、受けることで生活が成り立たなくなるリスクを取ってまで受ける意味のある依頼って多くはないというのも事実。それでも実績を積みたかったり経験が欲しかったりして色んな物を犠牲にすることがわかっていても受けてしまうこともまた多いんですよね。そういうことは自分でももうやりたくないし、見聞きするのもしんどいです。どっちも得するようにお金をうまくコントロールするには、イメージで金額を出さず、きちんと計算すること、発注側も受注側も、楽しく仕事しましょう!

By

オレゾンビ、Ver.1.1に進化

10月31日に一応の完成を見た操り人形のオレゾンビ(完成までの記事はこちら)ですが、動かしてみて気になっていた部分に改修を加えました。まずは改修作業の一部始終を時間圧縮したタイムラプスで御覧ください!

今回の主な改修ポイントはこんな感じ

  1. 表面処理のやり直し
    前回、突貫制作だったので時間を短縮するために表面処理を荒い仕上げに留めていました。今回はある程度の滑らかさを出すために全てのパーツの表面処理をやり直し。
  2. 首の長さ調整
    前回、調整の時間が無かったので少し動かしたところで関節をつなぐ革が伸び首が長くなってしまいました。今回の改修では荷重による伸長を考慮して調整。
  3. 股関節の構造変更
    歩く際に足がもつれてしまっていたので股関節の構造に変更を加えました。
  4. 軽量化
    動かしてみて最大の問題点だったのが重量。身長85cmの木彫人形なのでかなりの重さになり、長時間動かすことになる街なかでの徘徊では腕への負担が洒落にならなかったので、強度を損なわない範囲で可能な限り肉抜きによる軽量化を行いました。
  5. コントロールシステムの変更
    人形を操るコントロール部分にも変更を加えました。両腕をもっと自由に動かしたかったのと、糸の長さ調節のために取り付けていた金属製のリングが邪魔だったので他の方法を取りました。
  6. ち◯こを付けた
    生命のリアリティを損なわないために性器を取り付けました。

こうしてVer.1.1へと進化して、より存在感が増したオレゾンビですが、今後の展開をおおまかにお伝えしておきましょう。まずはハロウィンの渋谷にて撮影した映像にサウンドトラックを用意したいので、インディーズミュージシャン起用のための準備。音楽が決まったら撮影済みの映像に乗せてプロジェクトのパイロット版的なショートムービーを制作。その後も様々な場所を徘徊するプロジェクト継続と制作費の確保のためにクラウドファンディングにて資金を募りたいと思っています。

そして、自分のゾンビ人形が欲しいという方のために受注制作もお受けしようと考えているんですが、きちんと聞き取りをしてからクオリティの高いものをお作りするためには、1日10~12時間、週休1日でおよそ1.5~2ヶ月の制作期間が必要になりそうです。その間他の仕事は一切できなくなるので制作費用は一体につき45~50万円程度になる予定。無理して安い制作費を提示してしまうと生活できなくなってしまうし、正直相当ハードな作業なので続けることも嫌になってしまわないように考えて、前述の45~50万円程度が妥当かなと思っているところです。受注量も年に2体までとか、その程度に留めたい。

それと、コレ一番大事なことなんですが「なぜゾンビなのか」という疑問を持った方も少なくないと思います。実はこのオレゾンビ?プロジェクトには僕自身に起きたある体験から来るバックグラウンドが存在します。詳しくは今後の展開の中で明らかにする予定。

Ver.1.0完成までの記事はこちら > 『オレゾンビ?』プロジェクトはじめました

By

11月のまとめ

11月は前後に月をまたいでやっていたことがほとんどなので、これといった成果物がないので自分的満足度はそれほど高くなかったんだけど、それでもプライベートでいいものを作ることができたり、今後につながる勉強ができたことが大きな収穫だった。

By

インディーズミュージシャンのライブ映像について思うこと

先日、僕が行っているインディーズミュージシャンのライブ撮影を含む映像制作の料金改定についてお知らせしました。(記事はこちら)今日はインディーズミュージシャンの皆さんに是非ライブの記録として映像を残すことをおすすめしたいと思って記事を書きます。
僕の撮ってきた映像はこちらのYouTubeチャンネルで観られます>>hiderinoチャンネル

Read More

By

ウェブストア一時休止&処分アイテムのお知らせ

hiderinoのウェブストアを構築しているシステムを入れ替えるために2014年11月末日から2015年1月までの約1ヶ月間の予定で休止します。移行作業の進行状況によって再オープン時期が変更になることもあるかもしれません。再オープン後には今までのように雑貨全般を僕の思いつきで作ってラインナップしていくのではなく、大きく分けて2つのアイテムの一点ものを中心としたラインナップになります。

Read More

By

映像制作の料金を改定しました

仕事としてお請けしている映像制作の料金を改定しました。
基本的にはインディーズミュージシャン応援の気持ちから始めた撮影の仕事ですが、最近問い合わせをいただくことが増えてきて、実際仕事をさせていただく中で低価格でのサービス提供を継続していくために多少の変更をする必要が有ることがわかったので今回の料金改定となりました。

Read More

By

『オレゾンビ?』プロジェクトはじめました

10月初めにズドーンと降りてきたアイディアを秒速で一億…じゃなくてスタートさせたプロジェクト『オレゾンビ?』。僕ことヒデリーノがゾンビになっちゃった人形で街なかを徘徊する企画です。最初の目標は10月31日のハロウィンに、毎年加熱していく渋谷の街を徘徊すること。


オレゾンビ人形制作の全工程を時間圧縮した4分ほどの映像で、どんな風に作られているか観てみましょう!(音量注意)

Read More

By

10月は駆け抜けた

2014-11-02 002 毎月バタバタと過ごしてはいるけど、この10月は本当に全速力で駆け抜けた。

この気持ち悪い写真が何なのかは後で触れることにして、時系列順に10月を振り返ってみる。

おっと、その前に毎月恒例の365secプロジェクトから10月の31秒間をどうぞ!

Read More

By

ドキュメント撮影 2014,1005

10月5日は劇団江戸間十畳の舞台『パパのデモクラシー』初日。演出家 中井庸友の本番直前の様子を取材に行ってきました。

僕自身、10月10日に客として観に行くので、ゲネプロ(本番と全く同じように行う通し稽古)中になるべく舞台が目に入らないようにセリフが耳に入らないように注意していたんだけど、気が付くと観ちゃってるんだよねぇ…本公演は10月13日までなので、皆さんも是非劇場へ足を運んでください!

20141007-01 劇団 江戸間十畳『パパのデモクラシー
会期:2014年10月5日~13日
会場:中目黒ウッディシアター
詳細は劇団ウェブサイトにて。

By

9月のいろいろとドナテラと大沢良太の映像と

9月は比較的作品制作に充てられる日数が多かったので、しばらく放置されていた操り人形ウサギ星人の制作を進めることが出来た!ウサギ星人制作記録は別の記事として後ほど書くとして、その他の9月の活動。

一番大きなことは9月27日に横浜のジャズライブハウスで行われたDonateraのストーリーエキシビションのエピローグとなるライブパフォーマンスの記録映像撮影。作品の設置からはじまりリハーサル、本番と何度か足を運んだA.B.SMILEはとても居心地のいいお店で、また遊びに行こうと思う。

完成した映像はこちら。約1時間のジャズライブ+ライブペイントをお楽しみいただけます!


Donateraの他の作品などはこちらの公式ウェブサイトで観られます
今までに僕が撮影したドナテラの映像はこちらのYouTube再生リストで!

Read More

By

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2014で作品展示します

2014年9月19~21日開催の東京アートブックフェアにて、岩波文庫をモチーフにした書楼ビブリコルウルとのコラボ作品『Demian』を展示します。この作品はヘルマン・ヘッセ作『デミアン』専用の書架(本棚)として制作した作品なのでアートブックフェアにも最適な作品。無数のZINEが集まるこのイベントに是非遊びに来てくださいね!

Read More

By

8月の31秒と、この3ヶ月のあれこれ

まずは8月の365secを御覧ください。

…お気づきになりました?
そうです、1万8130年後の世界から時空を超えて届いた映像…ではなくタイトル打ち間違えて20144になってしまった。

このところ毎月バタバタと過ごしていたので毎月何をどれくらいやってきたのか自分でもよくわからなくなっているので、以下にまとめてみようと思う。

Read More