ロマンチストで悪いか

いろんなものを観たい。いろんな人の観ているものを見たい。

By

【重要】メンテナンスのお知らせ

当ブログ『ロマンチストで悪いか』及びポートフォリオサイト『hiderino.jp』のウェブサイト全面メンテナンスを2015年7月3日に行います。

つきましては7月3日午前9時から両ウェブサイトの閲覧ができない期間が発生します。

メンテナンスの理由と作業内容を以下に説明いたします。
当ブログ及びポートフォリオサイトではWordpressを使用していますが、少し前のWordpressアップデートにて追加された新機能カスタマイザーに不具合が発生しています。 この機能はウェブサイトのデザインレイアウトを視覚的に確認しながらカスタマイズするための機能で、非常に便利な機能なのですがこれが機能しないと大変不便になってしまいます。 数カ月前からこの不具合の対処法を調べていたのですが、有効な手立てを見つけることができず、最終手段としてWordpressの再インストールを行うことに決めました。

作業内容としてはまずデータベースのバックアップを取り、削除した後データベースを再作成、WordPressをインストールしなおした後にバックアップデータからウェブサイト上の記事類を復帰という内容になりますが、作業過程において不測の事態が発生する可能性が有ります。 その場合、メンテナンス期間が延長されることがありますが、7月3日以降に作業が延長された場合の進捗はhiderinoのTwitterアカウント上ならびにfacebookページにてお伝えしていきますので、下記のリンク先をフォローしていただけますようお願い致します。

>> hiderino twitter
>> hiderino facebookページ

By

『オレゾンビ?』渋谷の街でストリートスナップ

昨日5月16日は代々木公園でゾンビの恰好をした人達が集まって歩く『ゾンビウォーキング』というイベントがあると聞き、オレゾンビも参加しようと現地へ向かったのですが、準備をしている時に公園の管理をしている方に声を掛けられ“人形劇などのパフォーマンスに当たるからすぐに片付けて欲しい”との注意。 僕自身全くそういうつもりがなかったのでゾンビの人たちと一緒に歩くだけなら所謂大道芸的なパフォーマンス行為に当たるとは考えてもいなかった。 いやー、僕の認識不足でした。

一つ前の記事やSNSでも参加するぞ~と意気込んで告知をしてしまったので、現地にわざわざ足を運んでくれた方には大変申し訳なく思っています。 参加できないことが決まってすぐにSNSやブログ記事の修正をしたんだけど、本当に申し訳ない気持ちになりました。

そんなことがあって意気消沈しているところに写真の勉強をしている友人が来てくれるということで急遽予定を変更。 渋谷の街なか(この日は非常に人出が多く、僕が一人でオレゾンビを歩かせたらすぐに騒ぎになりそうだし、今度は警察に注意を受けそうだったのであまり人目につかないところを選びました)何箇所かでストリートスナップ風に写真撮影をしました。 それと、歩きながらオレゾンビの映像が撮れるようにとコントロール部にアクションカムを取り付けていたので短い動画も撮れました!

オレゾンビを被写体にしたファッションフォトみたいなものを作品として作っていこうと考えていたこともあって、そのテストにもなった。 これはきっと面白いものになるに違いないぞ!

By

【NGでした】5月16日代々木公園ゾンビウォーキングに『オレゾンビ?』参加します!

最近僕自身が『ゾンビの人』として認知されていることが多くなってきましたw

Read More

By

六本木アートナイト2015

今年も六本木アートナイトに行ってきた! といってもGW前の事になるんだけど、iPhoneでちょこちょこ撮ってた動画の編集がやっと出来たのです。

Read More

By

オートマトン化したオレゾンビの展示終了しました

東浅草のクリエイターズシェアハウスTOLABLで2015年4月4~5日に行われた館内壁画の完成披露グループ展【TOLABLジャングル絵巻 ~九単(ここのひとえ)のスクロール壁画展】が終了しました。

Read More

By

4月4~5日久々の作品展示『オレゾンビ?』に会えますよ!

おひさしぶり~の!
このところ制作の方に力を入れているので作品展示をしていなかったのですが、昨年からレギュラーメンバーとして関わらせて頂いているクリエイターズシェアハウスTOLABLにて、館内の壁に絵を描かせてもらいました。 これもまた久しぶりにちょっと大きめの絵を描いたので楽しかった。 で、その壁画のお披露目と合わせて1Fのイベントスペースで参加作家たちによる作品展示も行うことになり、そこにオレゾンビを連れて行くことになったのです!

Read More

By

『ゲツメン』何日目の月がお好みですか?

皆さんご存知のように、地球から見た月は地球と月と太陽の位置関係によって満ち欠けが起こり、毎日違う顔を見せてくれます。 月を手に入れるための装置『ゲツメン』の08~10番は欠けた月。 2色の樹脂を使い月の満ち欠けを再現しています。

あなたはどの月がお好みですか?



By

『ゲツメン』2015年のブルームーンは7月31日

月を手に入れるための装置『ゲツメン』という名のブローチ作品、全13個中の05~07番は青い満月、ブルームーンです。

ブルームーンとは、Wikipediaによるとさまざまな定義があるみたいなんだけど一般的には1ヶ月に2回の満月が巡ってくることを指すことが多い。 2015年にはそのブルームーンが7月31日に現れます。 大気中の塵の影響で本当に青っぽく見えることもあるそうなので、ワクワクしながら夏を待とう。 もちろん、この青い月のブローチを身につけて。

そうそう、今僕はウサギのブローチのディスプレイベースになるオブジェを作っているんだけど、この青い月のブローチ07番は丸窓ディスプレイベースのレンズ部に傷が付いているのでウサギのブローチがオマケについてますよ!



By

hiderinoの新しいストアはなぜ “ブローチ屋” なのか

ウェブストアをリニューアルする際、販売するものを今までの各種雑貨からブローチをメインにした1点もの作品に変更しました。 なぜブローチ?ということについて説明していなかったのでそのことについて書いてみようと思う。

Read More

By

『ゲツメン』黄色い満月に思いを馳せる

月を手に入れるためのブローチ作品『ゲツメン』の、01~04番は黄色い満月。

100130-001
満月の夜、昇り始めて地表に近い位置に月が出るとき、大きくて黄色い月を見ると、なんだか夢の中にいるような不思議な非現実感に囚われることがある。月の表面の地形までがはっきり見えて、月を見つめている自分のことを月もまた見つめ返しているような錯覚が自分を現実から引き剥がそうとするのかもしれない。

現実から引き剥がされてしまえばたちまち狼にでも変身してしまうのではないかという不安と恐怖、すべてを失うことになっても違う自分になれるのならそれもいいかもしれないという期待。さまざまなイマジネーションをかきたてて、月は天空へと昇っていきます。

04番は一つ前の記事で書いたキズ物で、スペシャルなオマケがついています。




By

ブローチ作品『ゲツメン』キズ物にはスペシャルなオマケを

月を手に入れるための装置『ゲツメン』は13個限定で販売していますが、そのうちの2つ「04」と「07」のレンズに傷がついてしまいました。 そこで、この2点にはスペシャルなオマケをつけることに。

ほら、ワンピースやるろうに剣心の主人公だって顔に傷があるでしょ、アレと同じ、個性です! 個性というからには何かスペシャルな付加価値があって当然。 というわけで、月といえばウサギ!オマケとしてピンク色のウサギのブローチをつけることにしました。 『ゲツメン』にウサギがついてくるなんてなんだかロマンチックじゃないですか。

ウサギも以前指輪としてつくったもののリメイクなんだけど、ブローチとしてリメイクしたのは4個だけ。 そのうちの2つを今回のスペシャルなオマケに。 残りの2つはそれぞれ一点もののディスプレイベースをつくって近日発売予定です。 つまり、第2弾作品になる予定。 2個限定!

ウサギのブローチがオマケに付いたスペシャルなキズ物『ゲツメン』は下の2点です!


By

hiderinoウェブストア再開 第1弾ブローチ作品『ゲツメン』月を手に入れるための装置

暫くの間お休みしていたウェブストアを再開しました! 今までは特にジャンルを限定しない様々なものをつくって販売するストアでしたが、今後はブローチとボタンをメインにハンドメイドの一点ものをラインナップしていきます。 とはいえ、ひとつなにか創りたいものができるとそれをどうやって楽しむかを妄想する癖のある僕がずっとブローチとボタンだけを作り続けていけるとは全く思わないので、ブローチやボタンを主役として脇役となる何かをセットにした演出とストーリーを作っていきます。商品とかプロダクトというよりも作品と呼んだほうがいいかもしれない。

lunar_surface-01
第一弾ブローチ作品として発売した13セットの『ゲツメン (LUNAR SURFACE)』は、夜空ごと月を手に入れるための装置。

丸窓をかたどったディスプレイベースを開くと、夜空から月のブローチを取り出すことが出来る仕組み。 窓ガラス部分にはレンズを使っているので中に入れたものが少し大きく見えますよ。 ディスプレイベースは机の上などに平置きすればジュエリーケースとしても使えます。 当然、壁に吊り下げられるように金具も取り付け済み。 月のブローチはどう使いますか?服にはもちろん帽子やバッグにつけてもいいね。

実はこの月のブローチ、13セットの販売なんだけどつくったのは15セット。 やっぱり月だから15個あると月の満ち欠けを連想できていいでしょ? 販売しない2つのうちひとつはプライベートの贈り物として、もうひとつは自分用に。 自分が欲しくてつくったものだから絶対に自分用が必要だった。 自分用には写真と同じ黄色い満月を選びました。

ring-one-018_8
この青い透き通った月の指輪は、一番最初に作った一点もの。たいそう手間をかけてミステリアスな色味が出るように作ったもので、内側からボワっと光っているように見えます。 このひとつしか作らなかった透明な月はInstagramで写真を見て気に入ってくれた方にお買い上げいただきました。 先日、今もご愛用いただいていると聞いてとても嬉しかった。

この月の指輪は色違いの複製を数十個つくってあったんだけど、樹脂製の指輪というのはサイズ展開がとても難しい。ウェブサイトでの販売には全く向かないのでイベントの時などに販売していたんだけど、今回これをリメイクしてブローチに作り変えたのです。 リング部分と半球とに切り離して、半球部分に土台となるアルミニウム板を貼り付け、アルミ側面にも月の半球表面とつながるように彫刻を施してあります。 ブローチ金具は最初市販の金具を取り付けたんだけど、それだと高さが出てしまって身につけた時に前傾してしまう。 13個全て完成していたんだけど納得も満足もいかなかったので全て取り外して、安全ピンを取り付けるための金具を自作し、自信を持ってお出しできるものに仕上がりました。

そんなブローチと丸窓の制作過程を時間圧縮映像にまとめました。 ものすごく早送りな映像だけど僕の説明を読んでいただいた方は映像を観ながら何の作業をしてるのかきっと分かるはず!

月の半球ブローチ作品『ゲツメン』はウェブストアで販売中です!
>> store.hiderino.jp
あなたの手元にも月をひとつ。