iPhonegraphy-2011,10,16

2011年10月16日 『三茶de大道芸

[flickr id=”6253318006″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”20111016″ align=”none”] [flickr id=”6253318028″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”20111016″ align=”none”] [flickr id=”6253318052″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”20111016″ align=”none”] [flickr id=”6253318080″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”20111016″ align=”none”] [flickr id=”6252787573″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”20111016″ align=”none”] [flickr id=”6252787589″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”20111016″ align=”none”] [flickr id=”6252787641″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”20111016″ align=”none”] [flickr id=”6253318162″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”20111016″ align=”none”] [flickr id=”6253318220″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”20111016″ align=”none”]

こういう、地域に密着したイベントは各地で行われていますが、今回はじめて遊びに行った三軒茶屋の『三茶de大道芸』は、タイトルこそ垢抜けなくてちょっと古いと言うかダサいけれど、イベントの内容と設計には眼を見張るほどの緻密な計算と、おそらく何度も何度も繰り返されたであろう議論の集大成がきちんと実っている印象でした。なにしろ細い路地が多く、道路も入り組んでいる土地柄を混乱なく巡回しながら楽しめるように客の足をしっかり見つめた設計と、広い商店街の全域に楽しみながら参加してもらえる雰囲気作りは不公平感を払拭できているんじゃないかと感じました。ただ大通りにパレードを通過させる様なイベントの多い中、大道芸の持ち味を生かして楽しい2日間が演出されていました。

多くの出演者が何箇所かに分かれてパフォーマンスを見せてくれるのはもちろん楽しい。手作り系の出店が並ぶ小道も楽しい。そんな中で僕が一番楽しかったというか感心したのは歩行者天国として封鎖した車道を子供たちの落書きスペースとして開放していたエリア。この日一番奔放に輝く“アート”なものはここに集まっていました。

iPhone4+TurtleJacket+DOF+Canon 50mm f1.8 Lens