『Design Tide Tokyo 2011』にも行ってきた。

TDWに続いてDTTへ。
毎年違ったアプローチでのイベントデザインも楽しみのひとつ。“会場デザイン”ではなく“イベントデザイン”と書いたのは、会場のデザインが即ちイベント全体の印象や考え方を表すことになるから。いままでのDTTでは不織布と風船を使って幻想的なつり下げ型のブースパーティションが用意されていたり、時には綿を使って雲を表現した会場デザインが個人的にはものすごく見難くて導線も悪くて嫌いだったこともあり、回ごとに全てを左右するのも会場のデザイン。

今回のイベントデザインは素晴らしかった!生成の布を使って会場ホール内に囲いを設けているのだけど、これは圧迫感を生むこと無く、布でのエリアパーティション以外にブースの区切りを用意しなかったことで開放感を得ていて、しかも導線を意識した割り振りがデザイナーと来場者のコミュニケーションのハードルを下げている印象。

展示ブースもそれぞれにきちんとデザインされたプロダクトが多く、特に印象的なのはむやみやたらと印刷物を配らない出展者が多かったこと。これは最近僕自身が考えていることでもあるので特に印象深かった。各デザイナーによるプロダクトの説明も簡潔なものが多く、こちらから逆にあれこれ聞きたくなる。

大抵こういう展示会では所謂“常連出展者”というのがいるものだけど、DTTではマーケット以外で常連的な人はあまり見ない。これはイベント参加での成果が1回で満足行くから連続参加が不要なのか、1回の参加で得るものが少ないから見限るのか、外から観ていてはわからないことなので興味深い。

DTT2011は、僕個人としては行って観るべきイベントと推します。

[flickr id=”6304989875″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”] [flickr id=”6305514562″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”] [flickr id=”6304989929″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”] [flickr id=”6305514574″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”] [flickr id=”6304989955″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”] [flickr id=”6304989969″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”] [flickr id=”6304989989″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”] [flickr id=”6304990013″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”] [flickr id=”6305514700″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”] [flickr id=”6305514716″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”large” group=”DTT2011″ align=”none”]