『日本郵船海岸通倉庫』『黄金町バザール2011』横浜トリエンナーレ2011

展覧会・イベント


新・港村に続いて日本郵船海岸通倉庫会場へ。ここもやっぱり案内がわかりにくいよ…地図の表記だと入り口わかんないって。というわけですが、無事会場へ。中に入ると、この日はただでさえ蒸し暑かったのですが、最初の展示エリアがものすごい熱気。多分水蒸気を使った展示のせい。そして、ここでも映像作品待ちの人の列がものすごい長さになっていて他の作品を見難くなっている始末。映像作品は整理券用意するとか、改善が必要だと思った。

この会場と一つ前の記事で紹介した新・港村ではショップとカフェがなかなか素敵だった。しかし、混んでてお茶どころじゃなかったが; そして、お気づきの方もいると思うけれど、僕は日本郵船海岸通倉庫から黄金町へ移動する間にもう一つの会場、ヨコハマ創造都市センターをすっかり忘れてすっ飛ばしていたのであった。

黄金町バザール2011では、会場エリアに着くや、僕のぶら下げていたiPhone+一眼レンズを見つけたカメラサークルの方々に声をかけていただき、立ち話を楽しんだりして、黄金町エリアのフランクな展示内容も楽しんで帰路についたのでした。そう、帰るまでヨコハマ創造都市センターのことは一度も思い出さなかったのであります。

タイトルとURLをコピーしました