【拡散希望】や【いいね!】のスイッチ

twitterやFacebookなどのソーシャルメディアを使っているとたびたび目にする【拡散希望】というキーワードは、自分が発信している情報などを多くの人に見てもらいたいときに使う魔法の言葉。これを見た人がtwitterならリツイート、Facebookならいいね!をクリックしたりシェアしてくれることがある。

その魔法が効力を持つためにはどうすればいいか、その前にソーシャルメディア上には何種類かの人達がいる。まずは発信する人たち、それを紹介する人たち、そして見るだけの人たち。自分が発信する人だとすると、紹介する人たちが重要なんだと思い込んでしまいそうだけど、それは大きな間違い。僕ら発信側が伝えたい相手は誰か、それは多分自らあまり行動を起こさない多数の閲覧者たちじゃないかと思う。この人達は別に消極的なわけじゃなくて、いわゆるフツーの人たちなんだよね。このフツーの人たちが殆ど。発信したりそれを紹介するのはほんとに限られた人たちだってことを忘れちゃいけない。

そして本題。
【拡散希望】の魔法が効力を発揮するために何が必要か。それは自分のことを好きになってもらうこと。
そんなこと当たり前?ほんとにそうかな。好きになってもらうにはどうすればいいだろう。もったいぶるのは嫌いなので率直に書くと、多くの人に興味を持つこと。これに尽きると思う。

特殊な例を除いて、ひとは、面識もない関係に於いて自分に興味を持っている人にしか興味を持てないんじゃないかと思うんです。
特殊な例ってのは有名人など。こういう人達は自分からファンの人達に興味を持たなくてもある程度はOK。でも、こういう人達がいわゆる普通の人たちに興味を持って歩み寄るようにコミュニケーションを取るとその効果は絶大だってことは誰でもわかると思う。

自分からひとに興味をもつのはそれほど難しくない。例えばtwitterなら、フォローしている人たちすべての発言を遡ってチェックする必要はないと思うんです。そんなの疲れちゃう。それに、普通は四六時中ログインしてるわけじゃないし、画面にかじりついてもいない。自分が画面を見たときに飛び込んできた発言で、少しでも興味を持ったものにリプライすることから始めればいいし、それがハードルに感じるなら誰かが発信していることをリツイートしてみればいいんです。Facebookならもっと簡単。いいね!をクリックすればいい。

自分にいいことをしてくれる人にはお返ししたくなるでしょ?
それはソーシャルメディア上でも同じ。そして、見ているだけの人も結構ちゃんと見てるから、誰かに対してそういうコミュニケーションを取る人は自然と評価されるようになる。急がば回れじゃないけど、自分が持っている伝えたいことをきちんと伝えるには、まず聞いてくれる人がいなきゃ意味が無い。それは大きな声で叫んだり何度も繰り返すだけじゃ得られないんだよね。フォロワー数=自分のファンっていう勘違いをすると誰にも聞いてもらえない。ちなみに、“ただしイケメンに限る”なんてことは絶対に無いよ!

ということで、好きになってもらいたいならまず自分から好きになろう!