daily hiderino-2012,01,01

昨日は新しい年の最初の日。この一日をどう過ごすかがこの一年を測るものさしになると思ってる。僕はこの日を、好きな事だけをして過ごした。この一年もそうやって歩いて行くつもりだ。なんて書くと曲解する人も出そうで面倒くさいが、自分勝手に好きな事だけやるという意味ではない。もちろんその進む道にも困難は待ち受けているだろうけど、それを乗り越えることも好きな事だけやるためにはアタリマエのことだ。僕が好きな事をして楽しく生きていくことで、誰かを勇気づける結果になれば一番嬉しいのだ。自分のためだけに選んだことじゃない。

「若い時の苦労は買ってでもしろ」なんていう言葉が象徴するように、今の日本は他者に苦しみを強要する社会になってしまった。過ぎ去った自分の苦労は美談になり、他人の苦労は自分のそれより小さく軽く見える。「楽して金が稼げるなら誰も苦労しない」だったら誰も苦労しない世界をみんなでつくっていくべきだ。現状を変えるための努力や苦労をせずに自ら理不尽な苦労を受容するのは何故なんだ?僕は楽しく好きな事をして生きていくために必死で頑張ってる。それなりの代償も支払うことは厭わない。だけど、それを苦労だとは思わないよ。

要するに…常識を疑い、新しい未来をつくりたい。ということなんだ。当たり前に思っていることの中には嘘や虚構、誰かの都合でねじ曲げられていることがたくさんある。それらを疑問にも思わず隷属するのはもうやめようということだ。

元旦が明けて2日のことになるけど、右の奥歯が3本砕ける夢をみた。しかし、出血もなく、痛みもなく、失くなったはずの奥歯もある。そして妙な納得と満足感さえ覚える感覚だった。夢診断で幾つか例を見てみると、大きく2つの解釈にわかれるようだ。ひとつは本人の身体に襲う深刻な疾病やトラブルの予兆。もうひとつは困難からの脱却やブレイクスルー、次の段階へと進む暗示。身体には十分気を付け、自分を信じて進むのだ。