石巻弾丸行(三日目)

※この記事は gragre.com に2011年6月8日に掲載した記事の転載です。

6月4日、石巻での三日目で最終日。
この日はワークショップを開催する予定の日。もともと手芸用の資材を寄付してくれた方がいて、それを単純に配布するのではなくてちゃんと使ってもらいながら渡したいという希望から、僕がその役目を預からせていただけることになりました。きちんと想いを人に届けなければいけないという大役です。前日までの打ち合わせで、ワークショップの会場には湊中学校のみなと食堂を使わせていただこうという話になり、当日にブースの確保と用意をできるように準備しておきました。当日の僕はみなと食堂での炊き出しに参加し、その業務に差し支えない範囲でワークショップの準備と運営をする必要があります。炊き出しの邪魔になったり作業に支障が生じるのはNGです。大事なのは支援活動であって、ワークショップはその手段のひとつ、目的自体ではないのですから。

まずは炊き出しの準備。現地の方々も準備に参加してくれて、皆で準備をします。この日はメニューにチャーシューメンが入っていたので、2日前の教訓を活かしてこの日は電動のスライサーが導入される予定でした…が、うまく動作せず人力ですべてカットすることに。トラブルは起こって当たり前、こういう時に狼狽えず冷静に対処する必要があります。皆で協力して、無事炊き出し開始時間前には準備完了。僕は朝お願いしてブースをお借りできることになっていたので、道具や材料を揃えて、ホワイトボードに告知を書いてワークショップの準備。

炊き出しの時間は12時~13時。僕も配膳に加わりますが、ちょっとだけわがまま言って、ワークショップの案内ができるよう、一番最後のスープを注ぐ係につかせていただきました。配膳中にももちろんトラブルは続出します。この日のキッチンメンバーはこの前日が初日の新メンバー。長期ボランティアがほとんど居ない現状ではこういう引き継ぎも教えながらすることが難しく、いきなり現場を任せられることになります。勝手の分からない調理場でいきなり数百食をつくり、配膳していくんだから、トラブルが起こらないほうがおかしいくらいです。この日はチャーシューメンの麺を茹でて提供するタイミングが滞ることがあり、配膳に並んでいる方に一度お待ちいただいてから、ラーメン提供再開後にまた並んでいただかなければいけない局面がありました。この告知とオペレーションが結構難しく、炊き出しを受ける方々の間であわやという場面もあったのですが、皆さんの機転や執り成しのおかげで大きな揉め事に発展することなく、なんとか無事に炊き出し終了。

[flickr id=”5807614079″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5807614203″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5808180034″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5808180100″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5808180216″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5808180292″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5807614705″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5808180532″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5807614971″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5807615043″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”] [flickr id=”5807615205″ thumbnail=”square” overlay=”true” size=”medium_640″ group=”Ishinomaki03″ align=”none”]

ワークショップへの参加者は、僕も配膳しながら多くの方にご案内したのですが、結局は他の方が個別に声掛けして興味を持っていただけた親子3人一組のご参加。手芸のワークショップを此処で行うのは初めてということで、皆さん様子見だったこともあるでしょうね。いざ手芸を始めると何人かの女性たちや子供たちが興味深げに覗きに来たので、誘ってみたのですが、いまひとつ尻込みしてしまうようでした。今回のワークショップではご提供資材のポケットティッシュと布を使って、これまた提供を受けたポケット裁縫セットをお渡しするのが目的。つくるものには当然ポケットティッシュケースということになりました。約1時間半で親子3人それぞれに一つずつの完成品を手にしてもらうことが出来、いろいろなお話をしながら手芸のひとときを楽しんでいただくことが出来ました。こういうことはこれからもきっとニーズがあるだろうなと、今後のことを考えながら片付け、この日の夜に夜行バスで東京へ。まさに弾丸のごとく飛び出して戻ってきた2泊4日の石巻でした。この3日間の活動記録のほか、この後もうひとつの記事で僕自身が感じたこと、考えたことを書いてみようと思います。

最後になりますが、今回の僕の活動は『石巻ボランティア支援ベース“絆(黄綱)”』の皆さんのおかげで実現できました。