2011年7月半ばまでの活動記録

いいことは隠れてしろ”という言葉が自分の中で幅を効かせていたのと、日本人的奥ゆかしさのようなもののせいか、自分が今まで何をしてきたということを声に出すことが苦手らしい。でも、先が長くなるだろう今後の活動には周りからの支援を受けなければ続けていけない。きちんと今まで自分がおこなって来たことの記録をつける必要があると考えました。率直に言って金額が少なすぎて普通なら声に出して言い難いものもありますが、こうしてきちんと記録することで皆さんにも小さなことを積み重ねることの意義を伝えることが出来たら嬉しいです。

    2011年3月末
    ・ファンドレイジングサイトJustGivingJapanのサービスを利用して『可能な限り毎晩ライブドローイング!描く』というチャレンジを設定し、USTREAMと連携してライブドローイングを書き続けることで支援金を募る。チャレンジとなるライブドローイングは計28枚。すべて鎮魂の意を込めた青いインクのボールペンで描きました。集まった寄付は自らの分も含めて4000円。このライブドローイングの継続はスケジュール的に難しくなってしまいましたが、この気持を先日参加したグループ展での作品に継承しました。前述のページからのCIVIC FORCEへの支援金寄付は継続しております。
    2011年4月
    Hinomaru Heartという、日本国旗と心をモチーフにデザインしたボタンを創り、イベントでの手売り開始。初回制作した30個分は売上金全てを被災地への義捐金として寄付しています。(内訳:4/3 2400円を青空個展経由で宮城県名取市へ。4/10 1500円を同じく名取市へ。5/8 1500円を預り。5/14-15 3300円預り。6/19 300円預り。※現在5100円を一時預かり中。10000円以上で寄付に充てます)このボタンは量産継続して現在は売上の3分の1を寄付に充てることになっています。現在grass green closetでの販売準備中。
    ・在庫Tシャツ69枚を石巻へ寄付。
    2011年5月
    ・4月に発送したTシャツは石巻ボランティア支援ベース絆によるマッチングのおかげで石巻市立蛇田中学校の避難所へ届けることが出来ました。
    2011年6月
    ・石巻にてボランティア活動とワークショップ
    ・石巻の湊中学校(みなと食堂)でのイベントのためインスタントカメラ1台、フィルム50枚分、電池2本を寄付。
    ・ワークショップなどで使用するためのミシンの寄付を募り始める。
    2011年7月
    ・母校でもある目白ファッション&アートカレッジと、ミシンメーカー2社からミシンの提供並びに貸与を受けられることが決定
    ・石巻ボランティア支援ベース絆の支援金の足しにと絆ボタンを制作、45個寄付(一つ300円で販売、全額が絆への支援金に充てられます)
    ・グループ展の為に制作した作品『碧く憂う海』をボランティア活動資金にあてるため販売中。

以上が現時点までに僕がしてきたことです。
僕に出来ることは小さなこと、今までもこれからもきっと小さなことが僕の役割です。
なにも重機を運転して瓦礫を動かしたり、汗だくになって泥かきをしたり、巨額の寄付をすることだけが素晴らしいのではありません。自分にできることが小さいからと萎縮せずにやってみたらいいんです。その先に誰かの小さな喜びや笑顔があるなら小さなことだって大事なんです。何しろ長い時間がかかることですから。ただし、自分のしたことに見返りを求めてしまうなら意味は違ってしまいます。気をつけたいですね。