iPhonegraphy-はじまり

iPhone4という道具を手にしてからいろんなことが変わった気がする。僕は別にアップル信者ではない(現にPCはWin機だし)けれど、これはなかなかに便利な端末。自分の中では電話としての位置づけではないかもしれないな。特に重宝している機能が2つ。一つはマップ、もう一つがカメラ。そのカメラ機能を最大限に楽しむためのガジェットを手に入れました。その名はTurtleJacket。最近色々なところで紹介されているので見聞きしたことのある方も多いかもしれません。engadgetでも紹介されていましたね。詳しい仕組みは僕もそんなに詳しくないので、とにかく一眼レフ用のレンズをiPhoneにつけて写真や動画を撮れるパーツと思ってください。

一枚目の写真がパッケージ。とてもかっこいい箱で送られてきました。これと一眼レフ用のレンズをiPhone4に取り付けると2枚目の写真みたいになります。

これを使って写真を撮ってみると…3枚目の画像のように、とても表現力豊かな写真が撮れるんですねー!僕は主に被写界深度の浅い単焦点レンズを使って、ピントの合う距離がタイトなことを利用した感情表現を楽しみながらいろいろ写真を撮ってみようと思います。ズームのないレンズの楽しいところは、被写体と自分の距離を常に意識するところだと思う。人物を撮るときの距離感なんてすごくタイトで、照れ屋の僕は正面からの写真を撮れないほどですから…。

というわけで、今後もこのガジェットを使って撮影した写真や動画をiPhonegraphyとして連載していきます。