日刊ヒデリーノ-2012,09,19

人形劇の劇場をイメージしたディスプレイもやっと形になって、なんとなくイベント出店時のイメージも掴めてきた。何しろ今年はこのイベントだけしか出店しないので、ガンガンイベント出店しまくっていた昨年までとちょっと自分のスタンスが変わってきた。来年はどうするのか…イベント出店という形でいくつも露出の場を持つことはしないと思うけど、その代わりにゲリラ的パフォーマンスを始めてみようと計画中。ヒデリーノ、とうとうストリートに。まぁ、大して実績も積めずに来年40歳を迎えてしまう僕ですが、アートの世界でも年齢というのは結構重要なようで、様々な機会は30代から40にかけてその門戸を閉じられていくのです。機会に後押しされることが少なくなる中年アーティストにとってこそ、ストリートには自由と可能性があるんじゃないの?といろいろおもしろいことを考え中。