日刊ヒデリーノ-2012,10,14

国立新美術館へ。展覧会ではなくスーベニアフロムトーキョーのギャラリースペースで展示中の深堀隆介個展『色浴ノ秋を観に行った。最近はTVでも取り上げられて知名度も上がってきた深堀氏の作品展。小ぶりの作品群の展示だけど、その作品の力はやっぱり迫力。初期の作品と比べてみると今の作風はもう何も添える言葉もいらないほど。大きな作品も観たいなぁ。あ、撮影は禁止されているので写真は無いです!リンク先で情報をご覧ください。SFTでの展示は10月22日まで。

買ったばかりのカメラを下げて渋谷と六本木の間をブラブラと歩いた。無闇にパシャパシャ撮らないことを決めてるので、一枚一枚にそれなりに時間をかけて画角や光の量を考えながら練習。もちろんマニュアルモードで。