日刊ヒデリーノ-2012,11,11

TRANS ARTS TOKYOを観に行った。元 東京電機大学の校舎まるまる一棟を利用してのアートイベント。すっごく面白い。もう一回行くつもりなので今日は軽く全体を眺める程度。それでもすごく刺激受けた。

DVDを2本観た。

学校の悪魔』は暴力。いじめと呼ばれる最悪の暴力を救いなくただそのまま描いていた。そういう実態があるのだと訴えているのだと思うけれど、それはいったい誰にどんな形で届くことを想定していて、それによって何が解決できるのだろうと考えながら観た。何より僕は暴力を描く作品がそんなに好きじゃないのでしんどかった。

THE KID』吹き替えで観たんだけど、最初、子役の吹き替えの声がうるさくてすごく耳障りだったのが徐々に慣れてくる(中盤から泣き喚くシーンが減ったからだろうな)と物語がちゃんと入ってくるようになって、最後には少し優しい気持ちになれるファンタジー作品だった。