日刊ヒデリーノ-2012,11,17

何をしていたのか、ほとんど憶えていない。いつものように馬を観察するために行った馬事公苑で観たもののことは憶えている。新しい作品/プロジェクトのために馬の身体の動きを観察することが必要だ。思い描いているものが本当に自分の手で実現可能なのだろうか…不安を打ち消すには観察を重ねて、目を閉じなくても馬の筋肉一つ一つの動きまで理解できるようになる必要がある。そのイメージを漏らすことなく形にするために手と頭の動きを完全に連動させるための鍛錬も必要になる。磨け。

DVDで『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』を観た。磔刑に処されたキリストが最後に発した言葉だとされている。「神よ、神よ、何故私を見捨てたのですか」と。

そういえば、先日デザインフェスタに行った時乗った水上バスで撮影しておいた映像を編集した。行く先々で見たものを収めて、それを魅力的に伝えることができるようになりたい。