日刊ヒデリーノ-2013,01,09

しばらく絵が描けなかった。絵筆を手にしても動かすことが出来なかった。今は筆やペンを持てば予め用意したモチーフやイメージがなくても手が動き始めるようになった。この手に力が戻ったことがとても嬉しい。しばらく描いていなかったので線がまだ生きていなかったりデッサンに狂いが大きかったりという部分は否めないが、そんなことよりももっと大事なことが自分の中で起きているので細かいところは数を描くことで馴染んでくるだろう。

週に一枚はUSTREAMでライブ配信しながらドローイングをすることにした。再び絵が描けるようになったことが嬉しくて、落書きがしたくなった。へのへのもへじを描いてみたらとても楽しくて、落書きっていいもんだなぁと思った。