日刊ヒデリーノ-2013,01,10

3331で大曽根朝美さんの『おすそわけの山をおりる』を観てから、2k540に寄って2moaで刺激をもらってから白山へ移動。友人のお店SAKAKIへ。東日本大震災発生からずっと考えてきたことの自分なりの一つの答えとして生まれた思いをひとつの企画として形にしようと考えていて、そのために力を貸してもらいたい人たちにこれから会っていこうと思ってる。SAKAKIの内野氏もそのひとり。今年は自分一人の中で生まれるものだけじゃなく、人と関わって練りあげていくことをしたい。