『第66回 日本アンデパンダン展』始まりました

20130321-0033月20日から『第66回 日本アンデパンダン展』が始まりました!僕の絵『鶏金魚』も本名の小野秀徳名義で展示されています。展示作品『鶏金魚』の詳細画像はこちら

今回の絵は鶏金魚っていうタイトルなのに花も描いてあったりするんだけど、実は出品手続きの際にはまだ花のモチーフを描き加えることを想定してなかったからなんですが…生き物を愛玩するということを日本人が愛してきた鶏をメインモチーフとして金魚の尾びれを加味して表しただけなので、そこに花を想起させる部分が加わっても作品のテーマ自体は破綻していないはずだ!と、自分の中での筋は通っています。

なにせ期日ギリギリになって出品を決めたので題名を先に決めなきゃいけなかったんです…大丈夫、ブレてません。

いきものの姿形の中に美を見出して、より魅力的な形をつくり上げるために品種改良を繰り返してきたのがそういう世界なわけですが、ひとが命の大切さを語る一方でそれを弄ぶ。命と形とどちらが美しいんだろうなどと考えたり、命あるものの姿形をいじくりまわして理想に近い形をつくり上げる歪な衝動の中にも美しさは見いだせるだろうか、とか、そういうことを考えながら描いた絵です。

20130321-001 20130321-002

展示は4月1日まで。興味が有る方には招待状をプレゼントさせていただいています。まだ何枚か残りがあるので以下の記事内の応募フォームからご連絡いただければ会期中に間に合うようにお送りしたいと思います!
応募フォーム

DonateRinoというユニットでこれから一緒に作品づくりをしていくDonateraちゃんの絵『Bach’s dream』も展示されているので是非あわせてご覧ください!

“『第66回 日本アンデパンダン展』始まりました” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。