『朧金魚』の制作記

朧金魚 弐 かまぼこ板をベースに制作を始めた3つの金魚の作品は『朧金魚』というタイトル。

ここに載っていないもう一つはどうなったかというと、それは記事の最後にご案内します。

制作を始めたのが4月の10日頃、それから途中しばらく寝かせた時期もあったけれど完成まで3ヶ月もかかってしまった。

朧金魚 参 はじめはかまぼこ板に金魚のみ描かれていたものが、トケイソウの花と唐草風の文様を追加、そのあと完成形に悩んでしばらく寝かせた後、今回の仕上げに辿り着きました。

もともとかまぼこ板で完成形を想定していて、その後は連想ゲームのように広がっていくのを俯瞰するように楽しみながら制作できました。普段は完成形が頭の中にあって、それを参照しながら制作することが多いので今回のようなやり方は新鮮で悩ましいものでもあったなぁ。

この2点の作品ページはこちらです。
購入、貸し出しのお問い合わせも作品ページからお願いいたします。
>> 朧金魚弐
>> 朧金魚参

ところで、3つの金魚のうちの残り一つは愛媛県西予市のギャラリーしろかわで開催の展覧会に応募したのです。

いまいち勝手がわからないまま締め切りまでの時間もなかったのでちょっと満足行くものが完成できず慌てて応募だったので、残りの2点をしっかり時間をかけて仕上げたんですねー。応募作品の方はというと、やっぱり自分で納得行かないままだった作品ですから当然選外ですが、他の皆さんの応募作と数々と受賞作品はすごく楽しそう!会場には1万店以上の応募前作品が展示されるようなので愛媛県の皆さんやご旅行の予定のある方は是非足を運んでみてください!楽しかったから来年も必ずチャレンジするぞー!

第19回 全国『かまぼこ板の絵』展覧会公式サイト
会期:2013年7月20日~12月8日
会場:愛媛県西予市 市立美術館 ギャラリーしろかわ

“『朧金魚』の制作記” への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 『朧金魚 弐』
  2. ピンバック: 『朧金魚 参』

コメントは停止中です。