映像制作の料金を改定しました

仕事としてお請けしている映像制作の料金を改定しました。
基本的にはインディーズミュージシャン応援の気持ちから始めた撮影の仕事ですが、最近問い合わせをいただくことが増えてきて、実際仕事をさせていただく中で低価格でのサービス提供を継続していくために多少の変更をする必要が有ることがわかったので今回の料金改定となりました。

インディーズミュージシャンによる音楽ライブの撮影料金は基本的には以前の1ステージ4曲まで8000円からの低価格は変更なしですが、音源の収録方法によって料金が変わります。たとえばアコースティックライブのように着席形式のライブ撮影の場合、撮影する僕もあまり動きまわることなく撮影するのでカメラ同録での音源収録で問題ありません。この場合撮影した映像の不要部分をカットして繋げるだけの編集となるので低価格にて提供できます。

対して屋外でのライブやスタンディング形式でのステージの場合には動き回りながら撮影することになるので音源は定点にて収録し、あとからシンクロ編集をする形になります。これは、マイク位置が変わることで音の移動が耳障りになってしまうから。

より良い状態での映像と音楽を提供するためにライブ撮影をプランA、Bと2種類用意することでミュージシャン側の予算に応じた撮影内容でご依頼いただけるというわけです。
僕の場合ライブハウスでの撮影の場合でもライン出力の音源ではなくマイクによる録音を採るのですが、これは会場や演奏の空気感を大事にした映像との親和性を考えてのことで、自然な音の映像になることを目指しています。

プランA(手持ち1カメラ+音源同録)のサンプル

プランB(手持ち1カメラ+音源別録+シンクロ編集)のサンプル

音楽ライブ撮影をはじめ、各種撮影の参考料金などはhiderino.jpの映像制作に関する問い合わせページにて詳しくご案内しています。ご予算やスケジュールについて気軽にリンク先からお問合せくださいね!
>> 映像制作に関するお問合せページ

“映像制作の料金を改定しました” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。