舞台美術制作開始

連載することにした劇団 江戸間十畳のウディ・アレン戯曲2本同時期公演『セントラルパーク ウエスト』『オールド セイブルック』での美術監督としての仕事ですが、なんと今までほとんど美術に関することを書いてなかった!! いや、チラシは僕の作品写真を使っているので全く触れてないわけでもないんだけど、新しく作るものに関しては今日が初。

舞台美術のデザインがほぼ決まってきたので、今日から制作に時間のかかるものの制作に入りました。 何を作っているのかは後日の記事でネタバレしない範囲で追々お伝えしていくことにして、今日の作業のダイジェスト映像をお届けします。

板を切ったりカネライトフォーム板を切り出したりという作業。 コレを貼りあわせて土台にし、削っておおまかな形を作ったら粘土を盛り付けていくんです。 貼り合わせるとか粘土造形とかはどうしても乾燥時間が必要になってくるので、時間に余裕を持って進めることが大事。

さて、今日の演劇用語は『マチソワ』
聞いたことないですか? 僕は何度か聞いたことあって、「何だそれ?」って思いながら話が流れていってしまって聞きそびれていたので調べてみた! ふむふむ、マチネ(午前・朝)とソワレ(夕方~の時間帯)を繋げて略してるんだな。 つまり、演劇的には昼と夜の公演を続けて観ることや行うことを“マチソワ”と表現するらしい。 勉強になった!!


オマケ
僕が何年か続けてる動画ライフログ365secというプロジェクトで、毎日1秒ずつの日常を切り取って毎月まとめていくんだけど、2月分の編集がやっとできたので掲載。