『煙が目にしみる』ご観劇ありがとうございました! あっという間にもう一週間経っちゃったよ。

20161211

2016年12月2日~11日の全14ステージを無事終えて、再び美術で関わらせていただいた劇団 江戸間十畳本公演Vol.8『煙が目にしみる』の幕が下りました。 準備期間はバタバタと大忙しで、幕が上がってしまうと千秋楽まであっという間。 演劇におけるこのスピード感もまたいいものだなぁ。

今回の公演は大成功で、延べ600人以上のお客様にお越しいただきました。 キャパシティ45名の小さな会場ですが、連日超満員の大盛況でした! 例えば僕個人が作品展を開催したとしても10日の間にこれだけのお客さんを集めることは非常に難しい。 しかし、今回の公演に来てくれた皆さんはひとり残らず舞台に溶け込んだ僕の作品を観て帰ってくれたわけです。 これってすごいことですよ!

いつも何かしらのイベントを終えると、それを観てくれた方から新しいことへのお誘いを頂いたり、お仕事のご依頼をいただけたりするのもまた大変嬉しいことです。 今回も既に面白そうなお話を持ってきてくれる人達が居て、これからもどんどん面白いことが増えていくといいなぁとニヤニヤしています。 ギャラの多寡に関わらず僕と一緒に何かやりたいとか、依頼したいとか、そういうご相談は気軽にお声掛けくださいね! 面白ければなんでもやるよ!!

20161219

今回の舞台美術のまとめはポートフォリオサイトhiderino.jpの“舞台美術『劇団 江戸間十畳本公演Vol.8 [煙が目にしみる]』”のページに掲載しています。 舞台写真やスケッチなどもお楽しみください。 また、今回の舞台で両側の壁に貼ってあったウサギ星人のドローイングはこちらのページでご覧いただけます。 操り人形ウサギ星人を被写体にしたアートフォトブック『ウサギ星人と、』はDonateRino BOOKSでお買い求め頂けますので是非お手元に一冊!