散歩通勤というパラダイス

写真と足跡

散歩してますか?

僕は散歩が趣味の一つなんだけど、1年半くらい前から毎日の通勤を散歩にすることでなにかが大きく変わったような気がしています。今日は散歩と通勤について書いてみました。

通勤は痛勤?

僕は多くの人たちと同様に満員電車が苦手です。先程サブタイトルを打っていたら変換候補に『痛勤』って表示されて、電車通勤している人の殆どはやっぱり嫌なんだと知った。僕の場合は単に混んでいるから嫌だというよりも、空間を支配している鬱積した負の感情みたいなものが恐ろしくて、少し気を抜くと自分もその雰囲気に影響を受けて一日の始まりと終わりがネガティブになってしまうのが勿体無く感じる。

自宅の最寄駅から職場まで、朝の時間帯なら電車で早くて約45分。しかし、この路線はラッシュアワーにはかなり混み合うので遅延や乗り換えのタイミングによっては1時間を要することも。今の町に移り住んでから、いくつかの経路での通勤を試してみたところ曜日によって混雑する路線とそうでもない路線があることがわかってきた。

曜日によって経路を変えてみたもののやはりある程度混雑している電車に毎日乗り続けるとだんだんストレスが溜まってきてしんどくなる。ストレス耐性が上がっていいかもなと考えたこともあったんだけど、ストレスって例えればコップが心の許容量だとしてその中に水が溜まっていく様に似ているのかなと思う。普通のストレスなら水が溢れなければ小出しに解消できるけれど過度なストレスはグラスに小石が堆積していくように許容量を減らしていくんじゃないかと感じるようになった。

嫌なことは好きなことで塗り替えればいいはず

ところで僕は散歩が大好き。どこへ出掛けるにも予定の1時間は前に到着して散策するほど。だったら歩いたらいいんじゃないか?

今の住居へ引越す前は都内でも指折りの混雑で有名な田園都市線沿線に住んでいて、頻繁に遅延や運休が発生するので渋谷駅から1時間半ほど歩いて帰宅することもしばしば。そんな時も超満員の電車よりも歩いて帰宅するほうがストレスは少なかった。

思えば祖父も散歩が好きだったなぁ。その血も影響しているのか、僕も何かきっかけがあれば結構長い距離を歩こうとする傾向が強い。学生の頃には池袋で終電を逃して、酔ってるのに世田谷区の当時の自宅まで6時間近くかけて歩いて帰ったことも何度かあった(笑)意地になってたのもあったと思うけど、冒険してるみたいで楽しかったんだ。
よし、じゃあ歩いてみることにしよう!

自宅から職場への道のり約9km

試しにGoogleMAPで自宅のある墨田区から職場までの経路を測ってみたら最短距離で8.2km。歩きやすい道を選ぶと約9kmほどの道程。自分の歩く速度で概算すると2時間ほど歩くってことになる。

2017年の夏ごろだったか、実際に歩いて出勤してみた。
なかなかの距離になるので時間も多めに見て出勤時間の2時間半前に自宅を出発。調べておいた比較的最短距離に近い道程を歩いてみると見慣れない景色が多いのでかなり楽しい!初めての徒歩通勤はほぼ2時間ちょうどで到着しました。体力的にも、仕事前の運動量としてはちょうどいい感じ。

大事なのは距離や所要時間よりも経路

歩いて通勤できることが分かったので、そこからは探求心に火がついた。体調や天気、その日の出勤時間(その日によって稼働時間が変わる)と相談しながら様々な経路を楽しむようになりました。

出発から到着まですべて徒歩の時もあれば途中で電車を利用する事もある。電車を利用する場合にはいつも同じ駅から同じ路線というわけじゃなくて天気や経路でいくつかの路線を選んでいく。

僕が重視してるのはどれくらいの時間・距離を歩くかということじゃなくて、その道程で何を発見して楽しめるかということなので所要時間や回り道はさほど気にしない。歩いていて気になる道や気配を感じたら遠回りになろうが気にせず足を向ける。出勤時刻に間に合いさえすればいい。いままで遅刻は一度も無いし、むしろ出勤時刻の15~30分前に到着することが殆どだ。

そんな感じで歩いて通勤するようになって『歩く』ということの受け取り方が変わった。これは徒歩移動じゃなくて散歩だ。

そんな僕が散歩を楽しむために心がけていることは『一本隣の道を選ぶ』ってこと。スマートフォンで地図を見ると目標地点への経路がすぐに見つかるけれど、大きな通りじゃなくてその一本隣や裏道にこそ面白いことが隠れていることが多い。カメラを手に散歩を楽しんでもいいし、隠れ家的なお店を見つけるのも楽しいかもしれない。僕の場合は毎日少しずつ動画を撮って【365sec】と名付けた動画ライフログを紡ぐことも散歩通勤の楽しみの一つになっている。

ランニングやサイクリングじゃダメなんだ。それらは速すぎる。歩く速度こそが目に入るものを十分に愉しむことができるし、順路の変更も容易なんだから。寄り道や道草も気ままに、途中で天候が変わったり疲れたら電車やバスを利用することもできる柔軟性が散歩通勤の楽しさだ。

休日は家に籠って作業に没頭することが多いので、次の日の散歩通勤にはどの道を歩こうかと出勤するのが楽しみになってすらいる。まさか、散歩通勤を日課にすることでこんなパラダイスに出会えるとは考えもしなかった。皆さんも時には少しの時間でものんびり散歩してみると何か発見があるかもしれませんね。

ちなみに、僕はいつもOlympusのコンパクトデジタルカメラXZ-10オリンパスの商品詳細ページ)を持ち歩いています。これは2013年2月発売のカメラで、まぁまぁ古いのでWi-Fi経由でスマートフォンへ写真を送ったりはできない(FlashAirは対応してるけどバッテリー食いすぎる)んだけど、これを買ったときにかなり値が下がっててお買い得だったので、今販売されているコンデジで同等のものってなると結構お高いのでまだまだ現役で使っていく予定。

探してみたらまだ中古では手に入るみたい。

OLYMPUS デジタルカメラ STYLUS XZ-10 1200万画素 裏面照射型CMOS F1.8-2.7レンズ ブラック XZ-10 BLK

結構いろんな場面で写真や動画を撮るし、旅先でも使うことが多いので、三脚が欲しいなぁという場面も多い。そういう時困らないように愛用の上記コンデジにはいつもマンフロットのポケット三脚Sマンフロットの商品詳細ページ)をつけっぱなし。邪魔にならないので超おススメ!


Manfrotto ミニ三脚 POCKET L ブラック MP3-BK

⇒Amazonで Manfrotto ポケット三脚 を探してみる
⇒楽天市場で Manfrotto ポケット三脚 を探してみる

それでは皆さんも楽しい散歩ライフを!

タイトルとURLをコピーしました