台風12号の爪痕(那智勝浦ボランティア情報)

2011年9月3~4日にかけて紀伊半島を中心に大量の雨を降らせた台風12号。その影響で奈良県、和歌山県、三重県に甚大な被害が出ています。7月末に新潟、福島を襲った豪雨災害のときにも書きましたが、最初の2週間が非常に重要だということです。まだTVなどでも被害の全容が掴みきれていないとの報道があります。被災地域の方々からの情報もまだ少ない現状ではどこの地域にどんな規模の被害があってどのような救援活動が必要か、またすでに動き始めている支援活動に関する情報も入手しにくいです。

facebookに『台風12号(2011年)情報交換ボード』ができました。
情報をお持ちの方は是非現状を伝えてください。支援活動に関わる皆さんも積極的に現状報告と活動を伝えてください。発信することで力がそこに集まります。

東日本大震災の支援活動に加わることができずに歯痒い思いをしていた西日本の皆さん、今、力を必要としている人たちがいます。自分にできる事できる時を見逃さずに動くことはこれからの日本を本当の意味でつくり上げていくためにも必要なことだと考えます。他人事ではないんです。自分がやらなくても誰かがやるだろうと目を逸らしてはいけないと思います。震災も、台風の被害も、“たまたま”そこに被害が出ただけのこと、それは自分の身に起きていたかもしれません。直接現地での活動に飛んでいく以外にもできることはたくさんあります。自分の頭で考え、選んで欲しいと思います。何かをすることも、しないことも、自分で選んだことだと、胸を張れる選択をして生きていきたいです。

僕も微力ながら関わりを持たせていただいている『石巻ボランティア支援ベース絆』でもこの台風災害への支援についてすでに動いているとのことです。災害支援のエキスパートが何人もいる絆ベースからの情報発信も何かの参考になると思います。
石巻ボランティア支援ベース絆
絆のコアメンバー“助さん”こと吉村氏のブログ


※以下は追加の情報(上から新しいもの、下が古いものです)

※11/25追記
那智勝浦ボランティアベース和(なごみ)がスタート

※10/16 追記
10/17那智勝浦町災害ボランティアセンター閉所
那智勝浦ボランティアセンターのブログ
上記リンク先でもアナウンスがあるとおり、台風12号災害復旧のための那智勝浦町災害ボランティアセンターは10/17で閉所となります。以降は登録ボランティア制度になりますのでリンク先をご参照ください。

※9/21 追記
那智勝浦ボランティアセンターのブログ
支援活動の報告や被害状況、ボランティア募集などの情報をいち早く確認できます。

※9/13 追記
石巻ボランティア支援ベース絆では現在、支援の手が入りにくくなっている那智勝浦に集中して災害支援活動をおこなっています。世界遺産にも指定されている熊野古道を復活させたい!つきましては支援活動への寄付金を募っています。
寄付金募集のページ
また、現時点で人手が大きく不足しています。県外在住なので駆けつけることを躊躇している方もいるでしょう。きちんと調べて熱意をもってあたれば受け入れが可能なこともあるかもしれません、今は何より多くの手が求められているのですから。参考:那智勝浦町ウェブサイト
●和歌山県社会福祉協議会『ふくしネットわかやま』にて災害ボランティアの情報が更新されています。

※9/9 追記
紀伊民報マルチメディア事業部で『AGARA災害情報板』開設
和歌山県南部(田辺市と周辺地域)を中心とした台風12号の災害情報板

※9/8 追記
●奈良県吉野郡十津川村の関連情報をまとめたGoogleマップが有志の方によって作成されたようです。
奈良県十津川村 助けあいマップ
●和歌山県東牟婁郡古座川町 災害ボランティアセンターにて県内外からのボランティア受け入れ態勢ができたとのこと。
すばやい対応が復興/復旧のスピードにも大きく影響します。古座川町の自治体の皆さんと、この動きに尽力された方々に大きなエールを送りたいです。ほかの地域でも早い段階で準備が整っていくことを期待します。
古座川町災害ボランティアセンターからの情報

※9/6 夜 追記
和歌山県新宮市災害ボランティアセンター設置:9/6現在は新宮市内の方のみ募集

※9/6 現場からの被害状況報告 追記
絆ブログより:【台風12号】那智勝浦の被害状況()()()(

※9/6 朝 追記
和歌山NPOセンターのブログから現地の情報が簡潔に発信されています。
平成23年台風12号災害関連情報(仮称)

※9/6 午前1:30さらに追記
古座川町災害ボランティアセンターからの情報を掲載するウェブページができたようです。
現在の情報
現時点では県内在住の方に限定してボランティアを募集しているようです。県外から駆けつける予定の方は続報をチェックしましょう。

※9/5 夜 追記
古座川町で明日(9/6)災害ボランティアセンター立ち上げの準備中とのことです。
詳しくは絆ブログの記事より引用

●古座川町の全戸1636 床上浸水436戸、床下91戸です。
● 古座川町災害ボランティアセンター
本部 古座川町中央公民館 住所 古座川町高池777 電話は当面 社協の電話
0735723719
町のホームページでの情報発信を依頼中ですが浸水、停電などで遅れています!ボラセンブログ作成なども打ち合わせ中!
●泥や瓦礫出し作業に必要な道具、服装、雨具、長靴(釘が刺さらないように金属中敷き入れて)弁当、水、ボラ保険(間に合えば各自の自治体にある社会福祉協議会で加入してくる)の準備。→なるべくボラセンに質問電話しないで行けるように!

現地への入り方も、道路の寸断や土砂崩れに注意しつつ情報収集が必要になると思います。