日刊ヒデリーノ-2012,08,28

いつもお世話になっている池袋のkarlyscrumで何度かご一緒させていただいた西垣さん企画の『taste:宮澤賢治を味わう』を観に行った。

9/2までの公演期間中、平日と土日で公演回数や内容が変わる朗読劇。“芝居仕立ての宮澤賢治作品のないまぜMix読み”と謳われているように面白い切り取り方、アレンジが面白かった。ステージは無く、フロア中央で演じる役者さんたちを周囲に点在するソファ席から観ながら飲食できるのが、物語空間と客席という区切りを取り払ったようで身近に感じる。

一方、僕はこのお店で9/8に開催する『アボガトーク&ドリンクス:ゲスト/Donatera&LUXEES』というイベントで上映する映像の編集中。